春の御朱印あつめ
paper
Vol.21

温かな日差しが降り注ぎ、
ふらっとお散歩に出かけたくなる季節。
御朱印帳を持参して神社仏閣を参拝した後は、
春の川越を満喫してみてはいかがですか?

表紙写真:中村香奈子
撮影場所:川越氷川神社

春の御朱印あつめ

発行:2022年04月
川越氷川神社

縁結びの神様にお参りして
御朱印を拝受

川越の総鎮守である「氷川神社」は、お祀りしている五柱の神様(ご祭神)に二組のご夫婦神様が含まれていることから、「夫婦円満・縁結びの神様」、そのほか「家族円満の神様」として信仰されています。社務所には色とりどりの御朱印帳のほか、数多くの授与品が並び、こちらで御朱印も拝受します。
※現在は書置きの御朱印のみになります。

川越氷川神社

川越市宮下町2-11-3

049-224-0589

川越ベーカリー楽楽

美味しいパンを
食べて一休み

菓子屋横丁にあるパン屋さん「川越ベーカリー楽楽」では、「さくらあんぱん」や「よもぎと黒豆のリュスティック」など、春限定のパンを味わえます。
「さくらあんぱん(数量限定230円)」

川越ベーカリー楽楽

川越市元町2-10-13

049-257-7200

新河岸川の桜並木

小江戸川越の
お花見スポット

4月上旬になると、新河岸川沿いの桜が満開になります。水面を埋め尽くす桜の花びらはまるで絨毯のようで、ここでしか見られない絶景です。
※舟遊イベントは終了いたしました。

新河岸川の桜並木

川越市氷川町108付近 (川越氷川神社裏)

御朱印とは?

神社仏閣を参拝した証として拝受するもので、一般的には神社やお寺の名称が墨書きされています。
季節や行事ごとに限定の御朱印もあり、近年、御朱印集めがとても人気になっています。
※頒布料は神社仏閣により異なります。

御朱印とは?

1.喜多院

中央に「厄除け」「川越大師」と書かれ「仏法僧宝」の三宝印が押されたご利益ある御朱印。オリジナル御朱印帳と御朱印帳袋も取り揃えています。

2.川越氷川神社

桃色・橙色・紫色で桜の花を描いた、淡い色使いが可愛らしい春の限定御朱印(4月まで授与)。花びらが水面に落ちた際の波紋も表現されています。

3.熊野神社

5月5日の「こどもの日」まで授与される期間限定御朱印。背景は美しい桜が描かれ、社名の上に押印された八咫烏の御社紋が特徴的です。

4.最明寺

淡いピンクの下地に、花手水のイラストとピンクのリボンが描かれた、優しい見た目の御朱印。乳がんの検診啓発の意が込められています。

5.川越八幡宮

川越市市制施行100周年を記念して頒布している、今年だけの限定御朱印。街の歩みを、八幡宮ご神鳥の鳩が見守っている様子を描いたデザインです。

新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴う官公庁による緊急事態宣言や営業自粛要請、各店舗・施設による自主的な感染予防対策のため営業日時等が変更となる場合がございます。
事前に各店舗・施設のHP 等をご覧ください。

モデル:鈴木咲稀
撮影:中村香奈子