やきとりにする? おでんにする?
paper
Vol.19

気温が下がりグッと、寒さが増す冬の夜。
こんな日はお酒と一緒に熱々のつまみが食べたい。
焼きたてで香ばしいやきとりもいいし、
出汁の染み込んだホクホクのおでんも外せない。
決めた!今日のお酒のお供は…

表紙写真:中村香奈子
撮影場所:すずのや

やきとりにする? おでんにする?

発行:2022年02月
やきとり おいちゃん

ふらっと立ち寄りたい
“町のやきとり屋さん“

蓮馨寺の向かい通りに店舗を構える「やきとり おいちゃん」は、気軽に立ち寄って美味しい焼き鳥を味わえる人気のお店。おすすめは豚の上タンを使用した「豚タンもと」の塩焼きで、歯ごたえのある食感と肉本来のうま味を堪能できます。ねぎま、ぼんじり、ヤゲン軟骨や、ていねいに骨を取り除いた「骨なし手羽先」などメニューも豊富! 昼呑みもできて、多くの常連さんが訪れます。

やきとり おいちゃん

川越市連雀町8-3

094-203-1234

11:00-22:00

炭火 鳥もと

赤ワインと一緒にいただく
こだわりの炭火焼き鳥

肉質の柔らかい大山どりと、自家農園で栽培する新鮮な朝採り野菜が自慢の「鳥もと」。一押しメニューは、炭火で焼いた鳥もも肉に酢味噌をつけて、大根おろしを乗せた「ひな肉おろし」です。香ばしい香りと酢味噌のコク、大根おろしのさっぱり感は相性抜群!
一口でほおばっていただきます。数量限定の「鴨ねぎ」は、塩・胡椒で焼いた鴨肉にバルサミコソースを添えたおすすめの一品です。

炭火 鳥もと

川越市連雀町7-2

049-277-5008

17:00-22:00

すずのや

温かみある空間で
ホカホカのおでんを提供

「すずのや」店主自らが契約農家へ赴き、その日の朝に収穫したばかりの新鮮な野菜を使 ったおでんを、味わうことができます。寒い冬はしゃきしゃきの食感と上品な出汁がマッチした菜の花と、甘くてホクホクの人参が美味しい季節。昭和30年代に建てられた、長屋をリノベーションした落ち着きのある店内で、日本酒と一緒にいただきたい絶品おでんです。
※季節により、おでんの内容と日本酒の種類は変更になります。

すずのや

川越市連雀町27-1

049-272-7794

14:00-22:00(21:00 L.O.) 日曜は20:00(19:00 L.O.)

月と熊

大人の隠れ家で
至福のひとときを

暖簾をくぐると、大人の隠れ家のような空間が広がる「月と熊」。注文を受けてから沸騰させずにじっくり煮込み、十分に味が染み込んだ美味しいおでんを提供しています。香り高い自家製の和がらし、わさび漬け、明太子の3種の薬味はおでんと相性抜群!
他店にはない、月と熊ならではの味を堪能することができます。コース料理では、白子やマグロといった変わり種のおでんを用意しています。

月と熊

川越市中原町1-2-2 第一櫻進ビル2F-D

080-5898-2881

16:00-23:00

撮影:中村香奈子